HOME » サービス » サーバー仮想化

サーバー仮想化

サーバー仮想化

近年、サーバー仮想化の技術は多くの企業に採用される技術となりました。これまでサーバーと言えば、サーバー本体を購入し、自社でサーバー室を準備する必要がありました。また、業務ごとにサーバーを用意する必要があり、非常にコストがかかるものでした。しかし、サーバーの仮想化の技術が浸透した事で、コストの削減や、環境の変化に柔軟に対応できるシステム構築を可能にしました。 
弊社では、仮想化の技術を通して、サーバーに関わるコスト削減の為のご提案や、柔軟な社内システム構築をご提供しております。

このようなお客さまへ

社内システムの課題

OSの入れ替えを行いたいが既存のソフトが動かなくなる。

  • OSの入れ替えを検討しているが、既存のソフトは古いOSでしか動作しない為、OSを使い続けるしかない。

サーバーにかかわる費用を削減したい。

  • サーバー購入に多くのコストを要し、年次・月次で保守、サポート費用が発生するため、コスト削減の必要がある。

サーバーの管理運用の手間を省きたい。

  • 社内に多くのサーバーが存在するため、サーバーの追加、削除バックアップなどの運用の手間を省きたい。

サーバーの余剰リソースを有効活用したい。

  • 社内サーバーの稼働率が悪く、1台1台のサーバをフルに運用する事が出来ていない為、無駄が多い。

様々な問題を解決するサーバー仮想化

サーバー仮想化のメリット

古いソフトウェアの延命と有効活用

  • 古いOS上でしか動作しない既存ソフトを仮想サーバに移行する事で、既存ソフトの延命を可能にします。
  • 古いサーバから新しいサーバに移行することで性能向上が図る事ができます。

サーバー仮想化のメリット

コスト削減効果

  • サーバの購入台数を減らすことで投資コストを削減を図ることができます。
  • ハード台数を削減し、保守費やサポート費の削減を図ることができます。

サーバー仮想化のメリット

サーバー管理・運用の負荷軽減

  • サーバの追加・削除・バックアップ作業を容易に行う事が出来る為、管理・運用の手間を省く事を可能にします。
  • テスト環境上で動作検証が出来る追加開発など、まず仮想サーバで検証を行う事を可能にします。

サーバー仮想化のメリット

単一サーバーの稼働効率化

  • サーバの性能をフル活用する事で余剰リソースの削減を可能にします。
  • 新規サーバ構築も、余剰リソース内で仮想サーバを追加することが可能になる為、将来の投資を抑制を図ることができます。

サーバー仮想化のメリット

その他のメリット

  • サーバ環境の信頼性と可用性の向上を図ることができます。
  • サーバ環境の災害対策にも役立てる事ができます。


インフラ構築に関するお問い合せ

HOME » サービス » サーバー仮想化